最初に買うドローン【Ryze Tech/DJI Tello】扱いやすい・楽しい

トイドローンの開封Gajets
大きいの買う前にまずはお試し
Stak
Stak

自分の葬式ではB’zのさよならなんかは言わせないを流したいと思っています。Stakです。

全く日常生活に馴染まない、必要としない、全力で趣味の領域にあるドローンですが、使ってみると楽しいよっていうのをお届けする予定です。

今回はTelloというトイドローンのお話です。

このドローンはRyze TechとDJIが開発したドローンで、1台目のドローンとしてはうってつけな性能と価格です。

製品について

重量:約80g(プロペラとバッテリー含む)

サイズ:98 x 92.5 x 41 mm

内臓機能:距離計・気圧計・LED・ビジョンシステム・2.4GHz 802.11n Wi-Fi・720pライブビュー

ポート:Micro USB充電ポート

最大飛行時間:13分

最大飛行距離:100m

最大飛行高度:30m

最大速度:8 m/s

脱着式バッテリー:1.1AH/3.8V

写真:5MP (2592 x 1936)

視野角 (FOV):82.6°

動画:HD720p30

書式:JPG (写真)、MP4 (動画)

EIS (電子式映像ブレ補正):対応

というスペックです。

コントローラーは専用のものかもしくはスマホを使います。

コントローラーはオプションなので、最低限、ドローン本体とスマホがあれば大丈夫です。

Telloアプリを立ち上げてWi-Fiで接続します。

操作は離着陸などワンタッチでできるものもあり非常に簡単。

アイキャッチの画像は“ブーストコンボ”というバッテリーと充電器のセットになった商品です。

これで30分遊べると思えば十分良い選択だと思います。

お勧めポイント

最初のドローンとしてお手軽に導入できるのが一番のウリ。

それでいてカメラの性能も必要十分ですし、撮影モードもサークル・360°・アップ&アウェイなどができます。

他にも画面をスワイプするだけで多彩なトリック8Dフリップやバウンスなどを行うことができます。

本体を手からトスするとホバリングするスロー&ゴーもできます。

メリット・デメリット

砂浜から夕陽を撮影。加工済み
加工済み

デメリット

 -最近のスマホのカメラのような性能を求められると厳しい

 -外で風があると安定しにくい

メリット

 -買いやすい価格

 -DJIの技術が入っていて同じ価格帯のドローンの中ではスペックも優秀

感想

本体以外の周辺機器のオプションも充実していてこれ1台で本格的に遊ぶことも可能です。

もちろん本体とスマホだけでも十分ですが。

もし1台目のドローンでお悩みなら迷わずTelloをお勧めします。

それくらいオモチャとしても、今後ちゃんとしたドローンを扱う前の練習用の1台としても優秀です。

私はクルマに常に積んでいて、フラっと立ち寄った先でちょこっと飛ばす、みたいないつでも飛ばせる体勢を整えています。

しっかり時間取って準備して飛ばす、というよりは、いつでも持ち歩いてサクッと飛ばせる、というのがこのサイズの利点だと思います。

もっと大きいドローンについてはこちらから

クルマを撮影。ブログで使うには問題ない画質
Tello静止画

コメント

タイトルとURLをコピーしました