ボクセル3DアートをVR空間で動かすには?

Others

今回はBoxelアートからClusterでアバターを動かすところまでザっとさらっていきたいと思います。

Magica Voxelでアバター作成

Adobe mixamoで動かす

Unity VRMで調整?Clusterで使える形式で書き出し

Clusterへアップロード

もっと早い方法があるかもしれませんが私はこれでClusterで自分のアバターを動かせるようになりました。

備忘録的な意味合いが強いですが、ニーズも少なからずあるだろうと思いまして。

Magica Voxel

まずはBoxelアートから

私が使ったのはMagica voxelというツール。

Minecraft的にboxを積み上げてキャラクターを作成します。

MagicaVoxel
MagicaVoxel Official Website

こちらからダウンロード。

使い方は~・・・詳しいサイトさんがたくさんあるのでそちらで。

割と直感的に扱えると思います。

色を選ぶ・箱を置く・箱を消す・色を着ける

ができれば何とかなります。

それに付随して便利機能がいろいろ付いてる感じなので。

気を付けるのは最後、保存も重要ですが普通に保存した形式では次のMixamoで読み込めないので右下のExportから”obj”形式で書き出してください。

ここで3つのファイルが生成されます。

まとめて7zip等で圧縮しておきます。

Adobe Mixamo

お次はAdobeのMixamo

Mixamo

こちらへ接続。

Adobeのアカウントが必要ですが無料で作成できます。

ログインできたら先ほど圧縮したファイルをアップロードすると、いろいろな動きをさせることができます。

自分の作成したキャラクターが動くのですごく楽しいです。

一通り動かして楽しんだら”DOWNLOAD”から”FBX for Unity(.fbx)”から”T-pose”を選んでダウンロードします。

Unity

Unity - Unity
Unity is the ultimate game development platform. Use Unity to build high-quality 3D and 2D games, deploy them across mobile, desktop, VR/AR, consoles or the Web...

こちらからUnityをダウンロードします。

アカウントの作成も必要です。

PCのスペックが非力だと時間がかかります。

ダウンロードが終わったらUniVRMを入れます。

Releases · vrm-c/UniVRM
UniVRM is a gltf-based VRM format implementation for Unity. English is here . 日本語 はこちら - vrm-c/UniVRM

Asset > Import package > Custom package

でインポートします。

ここからがヤマ場なので頑張りましょうー!

やることは、

・サイズの調整

InspectorのタブのScaleの数字で調整します

Magica Voxelで60-70くらいのキャラクターで30くらいにしたらいいかなと思います。

この辺は実際にClusterで確認して調整した方がいいかもしれません。

・Bornの確認?

InspectorのタブからModelのSelectを押す

Rigの中のAnimation TypeをHumanoidを選ぶ

ApplyするとConfigureが選べるようになるので選ぶ

Bornの設定画面に行くので何かエラーがあれば解消します。

Mixamoで上手く動いていれば問題ないハズ・・・

・色を復活(?)

おそらく読み込んだ状態では全身白いと思いますので色を復活させます。

Inspector >Materials >Location >Use External Materials (Lagacy)と選びます。

これで色が復活します。

・書き出し

上部のVRM0のタブから”ExportUni-“を選んで必要事項を入力します。

最後にExportします。

Cluster

バーチャルSNS cluster(クラスター)
「cluster (クラスター)」は、スマートフォンやPC、VR機器など様々な環境からバーチャル空間に集って遊べる、マルチプラットフォーム対応のバーチャルSNSです。

こちらから入ります。

こちらも登録が必要です。

アバターの変更はこちら

バーチャルSNS cluster(クラスター)
「cluster (クラスター)」は、スマートフォンやPC、VR機器など様々な環境からバーチャル空間に集って遊べる、マルチプラットフォーム対応のバーチャルSNSです。

作成したキャラクターをアップロードすれば完了です。

お疲れさまでした。

なかなか特殊技能の塊ですが、ちゃんと手順を踏めばできますので頑張りましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました