Photoshop【文字切り抜き】初心者も使えるコワザ

夕焼けの赤から切りぬいたSOUNDS GOODの文字Photoshop
どこを切りぬくかはセンス次第です
Stak
Stak

息子が通う保育園の、子供が入ってはいけないドアに“じごくのいりぐち”と書いてあるのを発見しほっこりしました。Stakです。

初心者でもサクッとできるPhotoshopのコワザシリーズ。

今回は文字の切り抜きです。写真のおいしいところを文字で切り抜きます。

上手くいけば美しいグラデーションの文字を作成できます。

コツは太めの字体を使用することです。

今回も手順だけ画像と共にサクッとお届けします。

今回使用する画像はこちらです。

元画像。日が沈んだ直後の空
元画像

左のツールバーの“文字ツール”を使って文字を入力します。

テキストを入力します
テキストを入力

上のメニューバーの“選択範囲”から“選択範囲を読み込む”を選びます。

選択範囲→選択範囲を読み込む
選択範囲→選択範囲を読み込む

“選択範囲を読み込む”ポップアップが出たら“OK”を選択。

ポップアップからOK
ポップアップからOK

右下の入力した文字があるパネルの左側の目のマークをクリックして目のマークを消す。

右下の目のマークを消す
右下の目のマークを消す

最初に読み込んだ背景画像を選択した状態でさらに下の“レイヤーマスクを追加”をクリック。

レイヤーマスクを追加する
レイヤーマスクを追加

文字以外の部分が消え切り抜かれます。

文字の部分だけ切り抜かれます
文字の部分だけ切り抜かれる

これでただの空の写真も美しいグラデーションの文字に再利用することができました。

どの写真のどの場所をどのように切り抜くかで全く違ったモノを作り出せるので可能性は無限大なコワザです。

というわけで今回も簡単に劇的に使えるコワザでした。

また何かコワザを見つけたら紹介しますのでお楽しみに!一緒に楽しくコワザを覚えていきましょう!

完成図
完成図

コメント

タイトルとURLをコピーしました